トップ / 賃貸の退去時の際の注意

ポイント

賃貸物件退去時は清掃を

賃貸物件退去時には、清掃をすることをお勧め致します。空室となった物件は、専門業者を入れて清掃を行います。その費用は敷金から償却をされるのですが、状態が綺麗な場合、清掃時間が短縮されます。短縮された時間分の費用を落とす事ができるので、賃貸物件を退去時には清掃された方が良いです。また清掃をすることによって、経年劣化での破損箇所等を発見する事ができますので、不動産管理業者のチェックを受けるときにも、経年劣化による破損箇所である事を正確に伝える事ができます。つまり敷金の償却費用を抑える事になりますので、清掃する事をお勧め致します。

物件を退去する時の手続き

賃貸物件を借りる契約をする際には、いろいろなことが定められた契約書を交わします。その前には不動産会社の有資格者による重要事項の説明があって、契約内容全般について納得してからの正式契約とすることになっています。賃貸契約書の中には、退去に関連する項目も記載されています。特に、その物件を解約する時にはいつまでに申し出なければならないかは重要です。例えば退去の2か月前までの申し出が契約書で定められていたら、申し出から2か月までは家賃を支払わなくてはならないということです。また手続きの方法も、口頭でOKとする場合や所定の解約届の提出が求められる場合があります。

↑PAGE TOP

© Copyright テナントを賃貸する場合は. All rights reserved.