トップ / 賃貸物件でペットを飼うなら

ポイント

賃貸物件でペットを飼うとき

賃貸物件でペットを飼うときに、近隣住民に配慮が必要になります。それはペットの鳴き声や足音です。特に足音の場合、「カサカサ」と音をしてしまい、雑音に聞こえてしまうからです。そのような場合には、防音マットを敷くことをお勧め致します。賃貸物件の場合、維持管理の面からフローリングの場合が多いです。防音マットを敷くことにより、足音の吸収をしてくれ階下の住民への配慮になります。また防音マットを敷くことにより、フローリングを傷付けることもなく退去時の費用的にも楽になります。また冬場の冷たいフローリングからの保温効果もありますので、大変オススメな方法です。

ペットを飼える物件が増えている

ペットを飼っている人が多くなっていることもあり、賃貸物件の中でも小型の犬やネコであれば、一緒に住むことができるようなアパートやマンションなども増えてきています。しかし、犬やネコを室内で飼っていると、壁紙やフローリングを傷つけてしまったり、ペット特有のにおいが染み付いてしまったりというリスクもあるので、一般的な賃貸物件よりも敷金や礼金などが高めに設定されていることが多くなっています。しかし、犬やネコを飼っている人他の住戸にも住んでいる場合には、自分の家で飼っていても理解を得やすくなるので、生活もしやすくなるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright テナントを賃貸する場合は. All rights reserved.