トップ

ポイント

賃貸物件に適したテナント

賃貸物件と販売物件。同じ物件でもかかってくる金額は大きく違います。2つの物件の内、借りるのに適したテナントとは何でしょうか。特徴から考えるとあまり長期的なものを構えるのは販売物件に比べ損です。従って、チェーン点や、ゆくゆくは場所を変えて事業をしたい法人に適してると言えるでしょう。又、場所を取らなくてもやっていけるような事業にも向いています。賃貸なら、パソコンと少しの備品があればビジネスが成り立つ今の時代。搬入口や在庫の倉庫などを構える必要がなく、少ない支出でスマートに利益を出せる法人には適してると言えるでしょう。

テナント購入は将来性を見ること

賃貸テナントを貸した家賃収入を得ることを考えている場合、しっかりとその場所でニーズがあるかを検討することがとても重要になります。周りの店舗などの状況を現地調査することはとても重要になります。また、現在ニーズが高いエリアであっても、将来にわたってしっかりと継続して家賃収入を得ることができるかも検討していくことが重要になります。現在、多くの賃貸物件が供給されているエリアの場合、将来的に人気が落ちてしまった場合には、空室がかなり多くなり、家賃の相場を下げることが必要になってしまうので、将来性への検討はとても大事です。

↑PAGE TOP

© Copyright テナントを賃貸する場合は. All rights reserved.